美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歯磨きペースト | main | PMTCって何? >>

歯に良い食べ物

 

皆様、写真はお好きでしょうか?

1枚の写真を撮るのに、長いときは丸1日もの時間をかける・・・・

こんな芸術家がいます。

なんでシャッターを押すのに、丸1日なんだ? 

例えば花を撮るとしましょう。彼はシャッターを押すまで丸1日、花と対話するのです。そして時に・・・・・・・「涙する」のだそうです。


この芸術家は「高山求」  
ハワイ州政府・JAL御用達の男です

彼がタワーサイド歯科室へ、月に1枚作品を貸してくださることとなりました。

☆☆ どうぞお楽しみに ☆☆




歯に良い食べ物

最近「食育」という言葉をよく耳にしますね。食に対する知識の習得や、食を選択する判断力を身につけるための取り組みのことです。「食欲の秋」の今、歯に良い食べ物について考えてみませんか?

歯に良いってどういうこと?

「歯に良い」ということを大まかに分類すると以下のようになります。

〇を強くする。

 歯を強くする食品とは、歯を作る素になり、石灰化を助ける小魚・牛乳・チーズ・ひじき等のカルシウムが多い食品や、カルシウム代謝を助けるビタミンDが多い椎茸、エナメル質を強化するビタミンAが含まれる人参・卵・わかめ、象牙質に良いビタミンCが豊富なレモン・ホウレン草・キャベツなどがあげられます。

△△瓦糧達を助ける。

 あごの発達のためには、噛みごたえのあるフランスパン・するめ・固めの肉等の食品をしっかり咀嚼(そしゃく=噛む)して食べると良いでしょう。噛むことは、あごの発達に有効なだけでなく、消化を助ける・唾液の分泌がよくなる・脳の働きを活発にする・食べ過ぎを防ぐ等の効能があります。

 ただ、大人の方が、噛みごたえのあるものをわざわざ選んで摂ることは、歯周病との兼ね合いでお勧めできないことが多々あります。

歯の表面をきれいにしたり、唾液の分泌を促す効果がある。

  清掃性食品(せいそうせいしょくひん)と言われる食品のことです。食物繊維が多く、噛むことで歯の表面をきれいにするゴボウ・レタス・セロリ等や、唾液の分泌を促す酸味のある食品です。

「おかあさんはやすめ」

  「おかあさんはやすめ」 ご存じですか? 

ムレツ・レーライス・イスクリーム・サンドイッチ・ンバーグ・きソバ・パゲッティ・玉焼き。これらの頭文字をとったものです。

これらの料理は軟らかいものが多く、あまり噛まずに食べられるので、あごが発達しない・歯並びや噛み合わせに影響する・噛まないから唾液の分泌も少ないので虫歯になりやすい・・・と言えるかも知れません。

「まごわやさしい」

  一方「まごわやさしい」は、昔からある和の食材です。め・ま・かめ(海藻類)・さい・かな・いたけ(きのこ類)・も。 

地味な印象のものですが、今まで以上にあなたの家の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

    歯に良いものを選ぶ・・とは結局、体に必要な様々な食品をバランスよく摂ることと同じ。しっかり咀嚼し、健康な体と歯を守りましょう。

院内報【伝人】2008 | permalink | - | - | pookmark |