美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏のマザー牧場 | main | フロス >>

飲み物で 歯が溶ける!

 水分補給が大切なこの季節、つい冷たい炭酸飲料やスポーツドリンクを飲んでしまいます。しかし飲み物によっては、歯が溶けてしまう可能性があるのです。

★歯はで溶ける
歯の表面を覆うエナメル質は、酸に弱く、歯はお口の中が「pH5.4」より低い値(酸性環境)になると溶けはじめます。エナメル質が溶けると、むし歯や知覚過敏の原因になり、着色して歯にまだら模様ができたりします。
では、良く口にする飲み物のpHはどれくらいでしょう?
下の図で、ph7より値が小さいほど強い酸性、ph7より値が大きければアルカリ性です。


  ・ミネラルウォーター pH値7.0
 ・牛乳 pH値6.8
 ・緑茶 pH値6.3
 ・缶コーヒー pH値6.2
 ・紅茶 pH値5.5
--------------------------------
 ・オレンジジュース pH値4.1
 ・りんごジュース pH3.6
 ・スポーツドリンク pH値3.5
 ・コーラ pH値2.2

 




ジュースや炭酸飲料、そしてスポーツ飲料などは「pH5.4」より低く、歯が溶けるのです。

★助っ人は唾液
でも、これらの飲み物を飲んでも、すぐにむし歯にならないのはなぜでしょうか?
それは、唾液の力が働いているからです。

唾液には、歯の汚れを洗い流す働きと、酸を中和する働き、そして溶けた歯の再石灰化を促進する働きがあり、お口の環境を守っています。とはいえ、pHの低い飲み物を頻繁長時間飲み続けると、お口の中は酸性環境に長い時間さらされるので虫歯になりやすくなります。

ですから、チビチビ飲むことが出来るペットボトル(キャップができるので)に入ったpHの低い飲み物は、特に注意が必要です


お子さまにスポーツドリンクやジュースなど、糖分と酸が多く含まれた飲み物を「体液と同じ浸透圧だから」、あるいは「100%果汁だから」と言って、渡しっ放しになさらないようお願いします。

院内報【伝人】2011 | permalink | - | - | pookmark |