美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 富士山 冬晴れ | main | 逆さ富士 >>

あとがき? のような話

 できてしまった虫歯をせっせと治す時代がありました。

虫歯を減らすために、国は歯科医師をたくさん世に送り出し、その期待に応えて歯科医師もいろいろな努力をしてきました。そして今もその努力は続けられています。
その成果として、ご自宅での管理と、歯科医院の連携により、虫歯予防は高い確率で可能になりました。



その後クローズアップされた、もうひとつ大きな問題が、『歯周病』です。歯周病は昔、『歯槽膿漏』と呼ばれていました。
歯周病も虫歯と同様、盛んに治療が行われましたが、治療後の見栄えがあまりよろしくないという状況が長年続きました。
そこで、やはり予防に目が向けられ、虫歯予防とあわせて現在は次の言葉がキーワードになっています。

  【メンテナンス】


歯科医院で行うメンテナンスを受けると、虫歯や、歯周病が防げる確率が格段に上がります。
もちろん、ご自宅での管理がきちんとできていなければ、その効果は激減してしまいますが。




・・・つまり・・・

『虫歯』 も 『歯周病』 も、「治しましょう!」 から 「予防しましょう!」 という流れが生まれてきたわけです。

しかしです。

メンテナンスに定期的に通われていて、ご自身の努力も並々でないにもかかわらず、歯を失っていく人が一定の割合でいらっしゃるのです。


そしてどんな方がそうなってしまうのか、多くの歯科医は首をかしげながらその理由を突き止められずにいます。


この危険度について、「アゴの形」のカテゴリーでご報告していきます。





アゴの形 | permalink | - | - | pookmark |