美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ドラえもんと違う点は? | main | 【 とびら開けて 】 をやってみた >>

歯を失う原因ワースト3

 ★長寿大国日本、でも歯の寿命は...

 日本は、世界を見ても一番の長寿大国です。にもかかわらず歯の寿命は、長くなった平均寿命にまだまだ追いついていません。
歯の寿命はスウェーデンやアメリカにくらべ短い傾向にあります。2012年の厚労省 国民健康白書統計 年齢80歳残存歯数によると、スウェーデンでは残存歯数が20本アメリカは13本日本9.8本という結果でした。
同じ80歳でも、日本ではほとんどの人が入れ歯になっているのに対し、スウェーデンではほとんどの方が、ご自分の歯で食事を楽しめているのです。

日本人が歯を失う原因、ワースト3はこれだ!

それでは、日本で歯を失う原因ワースト3を見てみましょう

1.歯周病
歯周病とは、歯垢に含まれる歯周病菌が原因で、歯を支える骨(歯槽骨)が溶け、最後には歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。
日本人の30代以上の8割が罹っていると言われています。歯がぐらついてきた時には手遅れ。歯茎から血がでたらすぐにご相談ください。

2.深いむし歯
むし歯が重度になると神経を取ります。神経を取った後の歯に痛みはありませんが、適切な治療をしないで放置すると、さらに虫歯が進み、歯を失う原因になります。

3.破折
意外と多いのが、咬む力で自分の歯を割ってしまうこと。残念なことに、歯が割れてしまうと抜歯が必要になります。

 ★痛くなってから治療するのでは遅すぎる!

 一度むし歯や歯周病になると自然に治ることはありません。痛くなってから歯科医院に通うスタイルですと、治療の繰り返しが必要で、どんどん歯の寿命が短くなっていきます。
ですから治療をしないための
予防処置治療後も再発させないための予防処置がとても大切になります。

日本人とスウェーデン人やアメリカ人の残存歯数の差には、意識の違いがあると言われています。
多くの日本の方は、「歯が痛くなってから歯医者へ行けばいい」と思っていらっしゃいますが、スウェーデン人やアメリカ人の多くは、日頃から予防のために自宅でフロスを使ったり、さらに歯を守るために歯科医院で予防処置(メンテナンス)を受けているのです。

いつまでも健康な歯を保つことは、美味しく食事がとれるだけでなく、健康な脳や筋力にもつながります。定期的に歯科医院で予防処置(メンテナンス)を受け、8020を目指しましょう!
 
院内報【伝人】2014 | permalink | - | - | pookmark |