美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 小さな手 | main | チュッ○チャッ○ス!? >>

削りたくない? ですよね。 しかし、

前回、歯が割れるということをお伝えしました。
だから、事前に割れやすいところがあれば、咬み合わせの調整をしておきたいと歯科医は考えます。
さらに、割れる以外にも咬み合わせの調整をしなくてはいけない理由があるのですよ。


咬み合わせを修正するには、どうしても歯を削る必要があります。

でも
 「歯をどうしても削りたくないわ」

こうおっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。

倫理的?道義的?にはそうなのかもしれません。

「親から授かった自分の体の一部をそうヤスヤスと削れるかぁ!」

これはどう考えても自然な感覚です。


それに加えて、歯を削る、ということに対する誤解がある場合もしばしば。
詰め物や被せ物を作るためにも歯を削ります。この「たくさん削る」ことと
咬み合わせの調整することとは、、同じ「歯を削る」なのですが、あまりにも量が違うのです。

なぜ、そうまでして、咬み合わせの調整が必要なのか?


それは、咬み合わせが悪いままにしておくと、その歯を支える骨が溶けるからです。
支える骨が溶けるということは、歯が揺れはじめ、やがて歯が抜けるのです。
歯が揺れはじめてしまうと、咬んで痛かったり、物が挟まったりすることが起こります。

こういう症状の患者さんは、初めこのようにおっしゃいます。
「根本的に直してくれ」

でも、歯が揺れて、このように咬んで痛かったり、物がどうしても挟まったりすることは、もう根本的に治せないのです!


こういった症状が出るその前に、かみ合わせの治療をしておかないといけないのです。

0.5ミリ削って、将来歯が残せる

どうしても削らないで、将来歯を失ってしまう

あなたならどちらを選びますか?
アゴの形 | permalink | - | - | pookmark |