美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もしも歯を失ったら? | main | 今年のクリスマスツリーは・・・☆ >>

矯正治療ってどんな種類があるの?

 

 

矯正治療とは?

 

矯正治療とは、弱い力をかけ続けると歯が動く原理を利用して、悪い歯並びや噛み合わせを、きちんと噛み合うきれいな歯並びにする歯科治療です。八重歯や乱ぐい歯などを「叢生(そうせい)」、上下のアゴの歯がきちんと噛み合わない状態を「不正咬合」といいます。そのまま放置すると、

  • 食べ物がうまく噛めない
  • 言葉の発音が明瞭でなくなる
  • むし歯や歯周病になりやすい
  • 口臭の原因になる
  • アゴの関節に負担をかける
  • 歯が折れたり、ケガしやすい

などの問題がでてくる可能性があります。

歯科矯正治療は、叢生や不正咬合を治し、お口の健康を一段と増進させる治療です。

 

矯正にはどんな種類があるの?

 

「矯正は子供時代から行うもの」というイメージがありますが、最近では目立たない舌側矯正や、マウスピース矯正もあり、20代から60代まで、矯正治療を行う方が沢山おいでになります。

1.マルチブラケット

「ブラケット」という矯正装置を歯の表面に装着して歯を移動させる方法です。ブラケットは透明なサファイヤでできていますので、装着したブラケットはとても目立ちにくくなります。

 

2.リンガル(舌側矯正)

歯の内側に装着する、他人に気付かれない矯正方法です。やや高価になります。メリットは、歯の裏側に装置をつけるため目立たず、歯の表側のエナメル質を傷つけにくく、人に気付かれずに治療を完了する事ができることです。装置と舌が擦れ、痛みが出やすいことがデメリットです。

 

3.マウスピース矯正(インビザライン)


マウスピースが透明で、装着しても他人に気付かれにくいため成人の方に人気がある方法です。1日22時間着用し、食事の時、歯ブラシの時は取り外します。症状によって向き不向きがありますが、金属アレルギーの心配がありません。インビザライン®やアソアライナー®などがあります。

 

矯正や歯並びについてのお悩みや、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

院内報【伝人】2018 | permalink | - | - | pookmark |