美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スーパーで | main | ☆感謝の気持ち☆ >>

身代わりのインプラント

いつもお読み頂きありがとうございます。
今回は「身代わりのインプラント」というお話です。


前回までに、
・歯が割れることがあること、
そして
・かみ合わせの微調整が歯を守る為には必要だということ
さらに
・パジャマを着るときはマウスピースが必須の人がいること
をお話してきました。

まだ読んでいらっしゃらなければ是非お目通しくださいね。
(ブログの右側にあるCATEGORIESの「アゴの形」を選ぶとズラッと出てきます)

今までの話は結局のところ、小さな歯にかかる強大な力をどのようにコントロールするのということのなのです。



今回は、もう歯が抜けてしまった場合にはどうするのかを考えていきましょう。

もしも歯が抜けてしまえば、残された歯には抜けた歯の分も仕事がまわってきます。
つまりこれは、力の観点からすると負担が増えてくるということ。

そのような場合にはインプラントという方法がとられます。

歯科治療の中に、インプラントが用いられるようになって、
歯を失った患者さんが受けられる治療の幅は、かなり広がりました。

このインプラントを連載テーマ、『アゴの形』 にフォーカスして考えて見ましょう。



まずインプラントというのは、歯の根まで抜けてしまった場所にもう一度
歯を作るための治療法です。
ですから、いわゆる“差し歯”とは違います。

インプラントの場合には、人工の歯根を埋めることが必要です。

(それに比べ、差し歯を行う場合は、ご自分の歯の根が残っています。
差し歯の土台を“コア”といいますが、このコアをインプラントと勘違いを
されることがしばしばあります。)


インプラントは、もちろん失った歯をもう一度作ることが目的です。
そしてできるだけ長い期間にわたり、インプラントにはお口の中で
働いてもらう必要があります。

しかし、残されたご自身の歯が弱ってきている場合、さらに弱った原因に遺伝的な
要素がかかわっている場合、インプラントを身代わりに使うことがあります

つまり、ご自身の弱ってきた歯を守る為に、身を粉にして働き続けるものとして
インプラントを植えるということ。ですから、インプラントそのものの寿命はあまり
期待できないということになります。

弱ってきている歯の身代わりですから、負担の大きさは想像を超えます。
なんせ、小さなインプラント1本に何十キロもの力がかかり続けるのですから。
インプラントにしてみればたまったものではありません。

ですからこのような身代わりのインプラントは、良い条件がそろったインプラントと
比較して短命になってしまうのです。


まとめて申しますとこうなります。

歯が弱ってしまった原因が、今まで記事でお話ししてきたような
・咬む力で歯が割れてしまった
・歯周病で全部の歯が弱っている (この連載では、細菌のお話はしていません)
・マウスピースを勧められたがしてこなかった
そして
・お使いの入れ歯が割れてしまう、痛くて仕方がない


こういった方々にインプラントをする場合には、インプラントの寿命が短くなること
が予想されるのです。

でもそこには、「ご自身の歯を守る」・・という、大きな使命があるのです。


文中『アゴの形』にフォーカスしてインプラントを考えると言いましたが、今回は

「ほぼ遺伝で決まってくる咬む力とは、こんなに歯の寿命をそして、インプラントの
寿命を左右するのだ。」


ということを是非ご理解ください。
(アゴの形までたどり着くにはさらに詳しい解説が必要でした。)


少し難しい話になってきましたが、
分からないことがあれば記事下の
comments
をクリックしてください。質問を送ることができますのでどうぞお試しくださいませ。


今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次回予定は【「硬いものを噛みましょう」は正しいか】です。
アゴの形 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする