美しさ・豊かさ・そして健康 

タワーサイド歯科室・斉藤歯科医院のスタッフから、読者の皆様へのメッセージです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

歯垢と歯石の違いについて

よくテレビコマーシャルなどで「歯垢」「プラーク」「歯石」などの言葉を耳にしますが、これらはいったいどんなもので、どう違うのでしょうか?

 

歯垢(プラーク)とは?

歯を爪でひっかくと、白くてねばねばした物がついた事はありませんか?これが歯垢です。これは食べ物のかすではなく細菌がパックされた塊です。つまり、歯垢はむし歯や歯周病の原因となる塊なのです。 この細菌の塊は、「バイオフィルム」とも呼ばれています。バイオフィルムとは細菌同士がスクラムを組んでいる状態のことで、台所やシンクなどの水回りを掃除しないでいるとできるヌルヌルな汚れも、同じバイオフィルムです。 プラーク1mgあたりには、10億個もの細菌が存在すると言われています。この歯垢の中に生息する細菌は、食べ物の “糖分” を栄養にして増え続け、ネバネバした物をつくり出して歯の表面に強力に付着するのです。

 

もしこの歯垢を落とさないままにしておくと、細菌はどんどん増えていき、虫歯や歯周病、口臭の原因になります。歯垢は粘着性があるので、うがいでは落とすことが出来ません。食後、丁寧に歯磨きをして歯垢をためない事が大切です。

 

 

歯石とは?

歯にくっついた歯垢(プラーク)は、時間が経つと石灰化し、固くなります。これが歯石です。このプラークの死骸に、別のプラークがくっつき、石灰化して歯石のコア(芯)になります。そのコアにまた別の細菌がくっついて、歯石はどんどん大きくなっていくのです。

歯石の表面はざらざらしていてプラークが付着しやすく、歯石が出来ると、周りには大量のプラークが付着してしまいます。歯石がプラークの住み家になり、歯周病や虫歯になる危険性が高くなって悪循環に陥るのです。また、困ったことに歯石歯磨きでは取ることができません。歯科医院で専用の器具を使ってプロの手で除去する必要があります。

 

 

歯垢歯石をつけない為には?

歯垢と歯石をつけないために一番大切なのは、丁寧なブラッシングです。ため込む前に搔きとることが大切なのです。しかし、ご自宅での日常の歯磨きだけでは、どんなに頑張っても歯の隙間や歯の根の間などに歯垢が残ってしまいます。そして、磨き残した歯垢は4ヶ月で病原性を増していきます。 つまり、歯周病や虫歯を予防するには、歯科医院で歯科衛生士に専用の器械や器具を使って徹底的に歯垢や歯石を除去してもらう必要があるのです。お□の中の良い環境を維持するために、4ヶ月に一度、歯科科医院での定期メンテナンスをお勧めしています。

院内報【伝人】2018 | permalink | - | - | pookmark |

よく噛んでダイエット!

taijyuu.png

新年会、お正月のごちそうで体重が右肩上がり…なんていう方はいらっしゃいませんか?暖かくなって薄着になる前に、ポッチャリ体形になった体を戻したいと焦っているアナタ!歯とダイエットの関係について考えてみましょう。


 

 

キーワードは「咀嚼」!
食べ物をよく噛んで味わうことを「咀嚼(そしゃく)」と言います。これは私たちが生きていく上でとても大切なことです。健康な良い歯で、食べ物をしっかりとよく噛んで食べることは、全身の健康に大きな影響があり、なんと、ダイエットにも威力を発揮するのです。
よく、「早食いをすると太る」と言いますが、言い換えれば「しっかり噛まないと太る!」ということです。よく噛んでいれば、満腹感を得ることができ、食事量や間食も減ります。よく噛んで食べると胃腸への負担が減り、便秘解消にもつながって全身の新陳代謝が促進されていきます。そのうえ、上下のあごの骨や顔の筋肉が引き締まってくるので、小顔効果もでてくるのです!


現代人は咀嚼が足りない
himiko.png現代人は、食事にかける時間が減ってしまったこと、軟らかい食べ物を好むようになったことなどから、噛む回数が激減しているそうです。現代人が一度の食事で噛む回数は約600回。多いような気もしますが、戦前は1400回、弥生時代までさかのぼると、なんと4000回も噛んでいたそうです。
学校食事研究会では、よく噛むことの大切さと効能を知ってもらうために「卑弥呼の歯がいーぜ」という標語を掲げています。食べ物をよく噛んで食べると全身に様々な良いことがあります。大切なことなのでご紹介しますね。
ひ …肥満を防止する:時間をかけてよく噛めば、満腹中枢が働いて食べ過ぎがなくなる。
み …味覚を発達させる:いろいろな種類の食べ物を食べれば、味覚が発達する。
こ …言葉の発音をはっきりさせる:あごが発達し、歯並びがよくなり、口の周りの筋肉が発達するので発音がよくなる。
の …脳を発達させる:あごを使えば脳細胞が活性化される。
は …歯の病気を予防する:あごの骨や歯ぐきが鍛えられ、唾液が虫歯や歯周病を予防する。
が …がんを予防する:唾液に含まれる物質が、発ガン物質の働きをおさえる。
いー…胃腸の働きをよくする:食べ物が消化しやすくなり、胃腸の負担が軽くなる。
ぜ …全身の体力向上:瞬間的に力を出す時、奥歯をかみしめて力を発揮できる。

 

但し、「よく噛む」という事には、実は注意が必要です
詳しくは http://blog.tower-side.net/?eid=300 をご参照ください。
定期的な口腔メンテナンスを受け、今年も1年、美しく、豊かに、健康に過ごしましょう!

 

院内報【伝人】2018 | permalink | - | - | pookmark |